文字 E で始まる vRealize Automation カスタム プロパティのリスト。

表 1. カスタム プロパティ E テーブル

プロパティ

定義

EPI.Server.Collection

マシンが登録される Citrix プロビジョニング コレクションの名前を指定します。

EPI.Server.Name

外部プロビジョニング インフラストラクチャ サーバの名前(BMC BladeLogic をホストしているサーバの名前など)を指定します。BMC BladeLogic Configuration Manager ホストが指定されることなく 1 つ以上の汎用 BMC EPI エージェントがインストールされた場合、この値は必要なサーバに申請を送ります。

特定の BMC BladeLogic Configuration Manager ホスト専用である BMC EPI エージェントだけがインストールされた場合、この値はそれらのエージェントの 1 つに構成されたサーバ名と完全に一致する必要があります。

HP Server Automation をホストしているサーバの名前を指定します。Server Automation サーバが指定されることなく 1 つ以上の汎用 Opsware EPI エージェントがインストールされた場合、この値は必要なサーバに申請を送ります。

特定の HP Server Automation サーバ専用の EPI エージェントだけがインストールされた場合、この値はそれらのエージェントの 1 つに構成されたサーバ名と完全に一致する必要があります。

サーバが指定されることなく適切なタイプ (VirtualMachine.EPI.Type) の汎用 EPI エージェントが 1 つ以上インストールされた場合、この値は申請されたサーバに申請を送ります。適切なタイプの特定のサーバ専用の EPI エージェントだけがインストールされた場合、この値はそれらのエージェントの 1 つに構成されたサーバ名と完全に一致する必要があります。

EPI.Server.Port

プロビジョニング サーバとの通信に使用するポートを指定します。Citrix プロビジョニング サーバを使用している場合は、デフォルトのポート値 54321 の指定を省略します。

EPI.Server.Site

EPI.Server.Collection プロパティと EPI.Server.Store プロパティで特定されたコレクションとストアが含まれる Citrix プロビジョニング サイトの名前を指定します(例:site1)。

EPI.Server.Store

EPI.Server.VDiskName プロパティで特定された vDisk が含まれる Citrix プロビジョニング ストアの名前を指定します(例:store1)。

EPI.Server.VDiskName

プロビジョニングで使用される Citrix プロビジョニング vDisk の名前を指定します(例:disk1)。

ext.policy.activedirectory.customizationWorkflowTag

vRealize Orchestrator のカスタム ワークフローに追加されたタグです。Active Directory ポリシーでは、指定したタグの付いたカスタム ワークフローを検索し、これが見つかると、Active Directory レコードが作成される際にタグ付きワークフローを使用します。

ext.policy.activedirectory.customizationDeleteWorkflowTag

vRealize Orchestrator のカスタム ワークフローに追加されたタグです。Active Directory ポリシーでは、指定したタグの付いたカスタム ワークフローを検索し、これが見つかると、Active Directory レコードが削除される際にタグ付きワークフローを使用します。

ext.policy.activedirectory.domain

現在の Active Directory ポリシーで指定されているドメインよりも優先して使用するドメイン。

Active Directory ポリシーで指定される ext.policy.activedirectory.system.domain の値をオーバーライドします。

ext.policy.activedirectory.endpoint.id

ポリシーの指定やオーバーライドに使用されるポリシー ID です。指定する ID は、既存の Active Directory ポリシーのものであることが必要です。

Active Directory ポリシーで指定される ext.policy.activedirectory.system.endpoint.id の値をオーバーライドします。

ext.policy.activedirectory.id

使用する組織単位は、既存の Active Directory ポリシーに含まれる組織単位ではありません。

Active Directory ポリシーで指定される ext.policy.activedirectory.system.id の値をオーバーライドします。

ext.policy.activedirectory.machineName

現在の Active Directory ポリシーで指定されている名前よりも優先して使用する、Active Directory 内のマシンの名前。

Active Directory ポリシーで指定される ext.policy.activedirectory.system.machineName の値をオーバーライドします。

ext.policy.activedirectory.orgunit

現在の Active Directory ポリシーで指定されているドメインよりも優先して使用する組織単位。

Active Directory ポリシーで指定される ext.policy.activedirectory.system.orgunit の値をオーバーライドします。

ext.policy.activedirectory.system.domain

Active Directory に含まれるマシンのドメインに使用するシステム プロパティです。

このプロパティを変更する場合に、プロパティが定義済みのポリシーで使用されているときには、ポリシーを無効にできます。ポリシーの値をオーバーライドするには、ext.policy.activedirectory.domain を使用します。

ext.policy.activedirectory.system.endpoint.id

Active Directory vRealize Orchestrator エンドポイントの名前に使用するシステム プロパティです。

このプロパティを変更する場合に、プロパティが定義済みのポリシーで使用されているときには、ポリシーを無効にできます。ポリシーの値をオーバーライドするには、ext.policy.activedirectory.endpoint.id を使用します。

ext.policy.activedirectory.system.id

Active Directory ポリシーのユーザーが判別可能な ID に使用するシステム プロパティです。

このプロパティを変更する場合に、プロパティが定義済みのポリシーで使用されているときには、ポリシーを無効にできます。ポリシーの値をオーバーライドするには、ext.policy.activedirectory.id を使用します。

ext.policy.activedirectory.system.machineName

Active Directory に含まれるマシンの名前に使用するシステム プロパティです。

このプロパティを変更する場合に、プロパティが定義済みのポリシーで使用されているときには、ポリシーを無効にできます。ポリシーの値をオーバーライドするには、ext.policy.activedirectory.machineName を使用します。

ext.policy.activedirectory.system.orgunit

Active Directory 組織単位の識別名に使用するシステム プロパティです。

このプロパティを変更する場合に、プロパティが定義済みのポリシーで使用されているときには、ポリシーを無効にできます。ポリシーの値をオーバーライドするには、ext.policy.activedirectory.orgunit を使用します。