vRealize Automation には、WIM ブループリント用の追加の制御を提供するカスタム プロパティが含まれます。

WIM ブループリントには、特定の vRealize Automation カスタム プロパティが必要です。

表 1. WIM ブループリントに必要なカスタム プロパティ

カスタム プロパティ

説明

Image.ISO.Location

このプロパティの値は大文字と小文字が区別されます。起動元の ISO イメージの場所を指定します(例:http://192.168.2.100/site2/winpe.iso)。 この値の形式は、プラットフォームによって異なります。詳細については、プラットフォームに付属しているドキュメントを参照してください。このプロパティは、WIM ベース プロビジョニング、Linux キックスタートおよび AutoYaST プロビジョニング、SCCM ベース プロビジョニングに必須です。

Image.ISO.Name

このプロパティの値は大文字と小文字が区別されます。 起動元の ISO イメージの名前を指定します(例:/ISO/Microsoft/WinPE.iso)。 この値の形式は、プラットフォームによって異なります。詳細については、プラットフォームに付属しているドキュメントを参照してください。このプロパティは、WIM ベース プロビジョニング、Linux キックスタートおよび AutoYaST プロビジョニング、SCCM ベース プロビジョニングに必須です。

Image.ISO.UserName

CIFS 共有にアクセスするユーザー名を、username@domain という形式で指定します。アクセスするのに認証が必要な CIFS 共有上にイメージが置かれている Dell iDRAC 統合用です。

Image.ISO.Password

Image.ISO.UserName プロパティに関連付けられているパスワードを指定します。アクセスするのに認証が必要な CIFS 共有上にイメージが置かれている Dell iDRAC 統合用です。

Image.Network.Letter

プロビジョニングされたマシンで WIM イメージ パスがマッピングされているドライブを示す文字を指定します。デフォルト値は K です。

Image.WIM.Path

WIM ベースのプロビジョニングでイメージの展開元となる WIM ファイルの UNC パスを指定します。 パスの形式は \\server\share$ となります(例:\\lab-ad\dfs$)。

Image.WIM.Name

Image.WIM.Path プロパティによって配置された WIM ファイルの名前を指定します(例:win2k8.wim)。

Image.WIM.Index

WIM ファイルから正しいイメージを展開するために使用されるインデックスを指定します。

Image.Network.User

プロビジョニングされたマシン上のネットワーク ドライブに WIM イメージ パス (Image.WIM.Path) をマッピングするために使用されるユーザー名を指定します。これは、通常、ネットワーク共有へのアクセス権限があるドメイン アカウントです。

Image.Network.Password

Image.Network.User プロパティに関連付けられているパスワードを指定します。

VirtualMachine.Admin.Owner

Specifies the user name of the machine owner.

VMware.VirtualCenter.OperatingSystem

Specifies the vCenter Server guest operating system version (VirtualMachineGuestOsIdentifier) with which vCenter Server creates the machine. This operating system version must match the operating system version to be installed on the provisioned machine. Administrators can create property groups using one of several property sets, for example, VMware[OS_Version]Properties, that are predefined to include the correct VMware.VirtualCenter.OperatingSystem values. This property is for virtual provisioning.

For related information, see the enumeration type VirtualMachineGuestOsIdentifier in vSphere API/SDK Documentation. For a list of currently accepted values, see the vCenter Server documentation.

WIM ブループリントでは、オプションのカスタム プロパティも使用できます。

表 2. WIM ブループリントに共通するカスタム プロパティ

カスタム プロパティ

説明

SysPrep.Section.Key

  • SysPrep.GuiUnattended.AdminPassword

  • SysPrep.GuiUnattended.EncryptedAdminPassword

  • SysPrep.GuiUnattended.TimeZone

プロビジョニングの WinPE ステージで、マシン上の SysPrep 応答ファイルに追加する情報を指定します。SysPrep 応答ファイルにすでに存在する情報は、これらのカスタム プロパティで上書きされます。Section は、SysPrep 応答ファイルのセクションの名前を表します。たとえば、GuiUnattended や UserData のように指定します。 Key は、セクション内のキー名を表します。たとえば、プロビジョニングされたマシンのタイム ゾーンを西太平洋標準時に設定するには、カスタム プロパティ GuiUnattended.UserData.TimeZone を定義し、値を 275 に設定します。

セクション、キー、および指定できる値の詳細な一覧については、System Preparation Utility for Windows のドキュメントを参照してください。

次に示す Section.Key ペアは、WIM ベース プロビジョニングに対して指定できます。

  • GuiUnattended

    • AdminPassword

    • EncryptedAdminPassword

    • TimeZone

  • UserData

    • ProductKey

    • FullName

    • ComputerName

    • OrgName

  • 識別名

    • DomainAdmin

    • DomainAdminPassword

    • JoinDomain

    • JoinWorkgroup

Sysprep.Identification.DomainAdmin

Active Directory のターゲット ドメインに管理者レベルでアクセスできるユーザーの名前を指定します。vCloud Director または vCloud Air に送信する認証情報にはユーザー ドメインを含めないでください。

Sysprep.Identification.DomainAdminPassword

Sysprep.Identification.DomainAdmin プロパティに関連付けるパスワードを指定します。

Sysprep.Identification.JoinDomain

Active Directory に参加させるドメインの名前を指定します。

Sysprep.Identification.JoinWorkgroup

ドメインを使用しない場合は、参加させるワークグループの名前を指定します。

SysPrep.UserData.ComputerName

マシン名を指定します(例:lab-client005)。

SysPrep.UserData.FullName

ユーザーの氏名を指定します。

SysPrep.UserData.OrgName

ユーザーの組織名を指定します。

SysPrep.UserData.ProductKey

Windows のプロダクト キーを指定します。

VirtualMachine.Admin.ThinProvision

Determines whether thin provisioning is used on ESX compute resources using local or iSCSI storage. Set to True to use thin provisioning. Set to False to use standard provisioning. This property is for virtual provisioning.