カスタム プロパティは、vRealize Automation の多くの部分、たとえば、承認ポリシー、ビジネス グループ、エンドポイント、予約ポリシーなどに追加できます。ただし、プロパティ定義として構成する表示オプションがサポートされるのは、マシン ブループリントのみです。カスタム プロパティをブループリントに追加すると、プロパティ定義で設計されたようにそのカスタム プロパティがユーザー インターフェイスに表示されることを簡単に確認できます。

このタスクについて

カスタム プロパティは、プロパティ タブの仮想マシン ブループリントに関連付けられているものもあれば、ネットワーク タブの仮想マシン ブループリントに関連付けられているものもあります。