カスタム プロパティをマシン カスタム プロパティとして追加すると、サービス カタログ ユーザーは、アイテムを申請するときに、値を選択または構成できるようになります。プロパティは、個々に追加することも、グループとして追加することもできます。

始める前に

  • 必要なプロパティ定義が作成されていることを確認します。カスタム プロパティ定義の作成を参照してください。

  • プロパティ グループを追加する場合は、関連するプロパティ定義がプロパティ グループに追加されていることを確認します。プロパティ グループの作成を参照してください。プロパティ定義の表示機能をテストするには、プロパティをグループに追加するときに 申請に表示 を選択する必要があります。

  • vRealize Orchestrator アクションをカスタム プロパティとして追加する場合は、構成の詳細を調べて、そのカスタム プロパティが正しい場所に追加されたことを確認します。vRealize Orchestrator アクションのカスタム プロパティ定義の詳細構成を参照してください。

  • カスタム プロパティの追加先のブループリントが作成されていることを確認します。『vRealize Automation の構成』を参照してください。

  • インフラストラクチャ アーキテクトとして vRealize Automation コンソールにログインします。

このタスクについて

このワークフローでは、カスタム プロパティを追加し、そのカスタム プロパティがブループリントで正常に機能することを確認します。カスタム プロパティは、ビジネス グループや承認ポリシーなどのコンポーネントにも追加できます。

手順

  1. 設計 > ブループリント を選択します。
  2. カスタム プロパティの追加先のブループリントを選択し、編集 をクリックします。
  3. ターゲットのマシンのコンポーネントをクリックします。

    仮想マシンの構成オプションがキャンバスに表示されます。

  4. プロパティ タブをクリックした後、カスタム プロパティ タブまたは プロパティ グループ タブをクリックします。
    • カスタム プロパティを追加するには、新規 をクリックし、ドロップダウン メニューでプロパティ定義を選択します。

      オプション

      説明

      Name

      選択したカスタム プロパティ定義の名前。

      (オプション)デフォルト値を入力します。

      暗号化済み

      vRealize Orchestrator アクションを実行するカスタム プロパティを追加するときは、値を暗号化しないでください。

      オーバーライド可能

      このオプションを選択すると、申請中のユーザーが申請フォームの値を選択できます。

      申請に表示

      このオプションを選択すると、申請中のユーザーがプロパティを確認して、申請フォームの値を選択できます。

    • プロパティ グループを追加するには、追加 をクリックしてグループを選択します。

  5. OK をクリックします。

    カスタム プロパティがブループリントに追加されます。

  6. 終了 をクリックします。
  7. ブループリントを公開します。

タスクの結果

ブループリントには、カスタム プロパティが含まれます。

次のタスク

申請フォームのカスタム プロパティをテストします。カタログ申請フォームのカスタム プロパティの確認を参照してください。