特定のカスタム プロパティをプロパティ グループに編成し、複数のカスタム プロパティをより簡単にブループリントに追加できるようにします。

始める前に

テナント管理者またはファブリック管理者として vRealize Automation コンソールにログインします。

手順

  1. 管理 > プロパティ ディクショナリ > プロパティ グループ を選択します。
  2. 新規追加)をクリックします。
  3. 新しいプロパティ グループ名と ID を入力します。

    名前 の値を最初に入力すると、ID テキスト ボックスに同じ値が取り込まれます。

  4. 可視性 セクションでは、すべてのテナント または このテナント を選択してプロパティを使用できる場所を判断します。

    テナント管理者の権限のみでログインする場合、このテナント のみを使用できます。ファブリック管理者の権限のみでログインする場合、すべてのテナント のみを使用できます。

    アイテム作成後に、すべてのテナント または このテナント の設定を変更することはできません。

  5. (オプション) : プロパティ グループの説明(My_CloningProperties_vSphere)を入力します。
  6. プロパティ ボックスを使用してグループにプロパティを追加します。
    1. 新規追加)をクリックします。
    2. プロパティ名を入力します。

      たとえば、VirtualMachine.Storage.ReserveMemory と入力します。

    3. (オプション) : プロパティ値を入力します。

      たとえば、True と入力します。

    4. (オプション) : 暗号化済み チェック ボックスを選択して、そのプロパティ値に暗号化が必要なことを指定します。たとえば、値がパスワードやその他のセキュア エントリとなる場合、暗号化されたオプションを使用して値の文字を非表示にします。
    5. (オプション) : 申請に表示 チェック ボックスを選択して、マシン プロビジョニング申請時に申請フォームにプロパティが表示されるようにします。
    6. OK をクリックして、グループにプロパティを追加します。
  7. 追加のプロパティをグループに追加します。
  8. 保存 をクリックします。