vRealize Automation Designer チェックリストを使用してマシンのライフサイクルを延長する」では、IaaS マシンのライフサイクルをカスタマイズするために vRealize Automation Designer をインストールおよび構成するのに必要な手順についての概要を提供します。

表 1. vRealize Automation Designer チェックリストを使用してマシンのライフサイクルを延長する

タスク

詳細

チェック ボックス vRealize Automation Designer をダウンロードしてインストールします。

vRealize Automation Designer のインストール

チェック ボックス vRealize Orchestrator インスタンスに vRealize Automation エンドポイントを作成します。

vRealize Orchestrator エンドポイントの作成

チェック ボックス vRealize Orchestrator エンドポイントをマシンのブループリントに関連付けます。

vRealize Orchestrator エンドポイントとブループリントの関連付け

チェック ボックス vRealize Automation Designer アクティビティを使用して、IaaS ワークフロー スタブをカスタマイズします。

注:

ワークフロー スタブは、イベント ブローカ ワークフロー サブスクリプションに置き換えられます。ワークフロー スタブは現在ではまだ提供されサポートされており、使用することも可能ですが、今後の vRealize Automation のバージョンでは削除される予定です。将来的な製品の互換性を確保するためには、ワークフロー サブスクリプションを使用して状態変更に基づくカスタム ワークフローを実行する必要があります。vRealize Automation を拡張するためのワークフロー サブスクリプションの設定を参照してください。

オプションで、vRealize Orchestrator ワークフロー アクティビティを使用してカスタムの vRealize Orchestrator ワークフローを呼び出すことができます。

IaaS ワークフローのカスタマイズ

チェック ボックス カスタム状態変更ワークフローを作成した後、テナント管理者またはビジネス グループ マネージャは、カスタム プロパティを追加することによって特定のブループリントに対するワークフローを有効にする必要があります。

状態変更ワークフローを呼び出すためのブループリントの設定