vRealize Orchestrator チェックリストを使用してマシンのライフサイクルを延長する」では、IaaS マシンのライフサイクルをカスタマイズするために vRealize Orchestrator をインストールおよび構成するのに必要な手順についての概要を提供します。

表 1. vRealize Orchestrator チェックリストを使用してマシンのライフサイクルを延長する

タスク

詳細

チェック ボックス vRealize OrchestratorvRealize Automation ホストを構成します。

vRealize Automation ホストの追加

チェック ボックス vRealize Orchestrator に IaaS ホストを構成します。

IaaS ホストの追加

チェック ボックス IaaS マシンのライフサイクルを延長するために vRealize Orchestrator カスタマイズをインストールします。

vRealize Orchestrator カスタマイズのインストール

チェック ボックス vRealize Orchestrator インスタンスに vRealize Automation エンドポイントを作成します。

vRealize Orchestrator エンドポイントの作成

チェック ボックス vRealize Automation プラグイン ライブラリの拡張性サブディレクトリ内に提供されたワークフロー テンプレートを使用して、マシンのライフサイクル中に実行するカスタム vRealize Orchestrator ワークフローを作成します。単一のラッパー ワークフローでネストしている場合は、同一のブループリントに対して、複数のワークフローを同じ状態で実行することができます。

vRealize Orchestrator でワークフローを開発する場合の詳細については、vRealize Orchestrator のドキュメントを参照してください。vRealize Automation 連携のための vRealize Orchestrator 開発のトレーニングについては、VMware Education で利用可能なトレーニング コースおよび VMware ラーニングで提供されている教材を参照してください。

チェック ボックス 提供されるワークフローを実行して、IaaS ワークフロー スタブにカスタム ワークフローを挿入し、IaaS ワークフロー スタブを呼び出すブループリントを構成します。

注:

ワークフロー スタブは、イベント ブローカ ワークフロー サブスクリプションに置き換えられます。ワークフロー スタブは現在ではまだ提供されサポートされており、使用することも可能ですが、今後の vRealize Automation のバージョンでは削除される予定です。将来的な製品の互換性を確保するためには、ワークフロー サブスクリプションを使用して状態変更に基づくカスタム ワークフローを実行する必要があります。vRealize Automation を拡張するためのワークフロー サブスクリプションの設定を参照してください。

ブループリントとその仮想マシンへの状態変更ワークフローの割り当て