ブループリントのセキュリティ設定を更新することにより、特定のブループリントからプロビジョニングされるマシンのメニュー操作ワークフローを有効にします。

始める前に

テナント管理者またはビジネス グループ マネージャとして vRealize Automation コンソールにログインします。

手順

  1. 設計 > ブループリント を選択します。
  2. ブループリントの名前をポイントし、編集 をクリックします。
  3. アクション タブをクリックします。
  4. チェックボックスをクリックして、有効にする操作を選択します。
  5. OK をクリックします。

タスクの結果

このブループリントからプロビジョニングされるマシンのメニュー操作が有効になり、操作の構成ファイルで指定されたすべてのユーザー ロールで使用可能になります。

次のタスク

メニュー操作をサービス カタログで使用する場合は、ユーザーに対して資格を付与する必要があります。詳細については、『テナント管理』を参照してください。