カスタム ワークフローを状態変更ワークフロー スタブに関連付け、これをブループリントに割り当てることによって、マスター マシン ワークフローの特定のステージで、カスタムの vRealize Orchestrator ワークフローが実行されるようにします。

始める前に

マシンのライフサイクルで実行するカスタム ワークフローを作成するには、vRealize Automation プラグイン ライブラリの Extensibility サブディレクトリにあるワークフロー テンプレートを使用します。

このタスクについて

注:

ワークフロー スタブは、イベント ブローカ ワークフロー サブスクリプションに置き換えられます。ワークフロー スタブは現在ではまだ提供されサポートされており、使用することも可能ですが、今後の vRealize Automation のバージョンでは削除される予定です。将来的な製品の互換性を確保するためには、ワークフロー サブスクリプションを使用して状態変更に基づくカスタム ワークフローを実行する必要があります。vRealize Automation を拡張するためのワークフロー サブスクリプションの設定を参照してください。

手順

  1. Orchestrator クライアントのドロップダウン メニューから、実行 または 設計 を選択します。
  2. ワークフロー ビューをクリックします。
  3. ライブラリ > vRealize Automation > インフラストラクチャ > 拡張性 の順に選択します。
  4. ブループリントとその仮想マシンへの状態変更ワークフローの割り当て ワークフローを右クリックして、ワークフローの開始 を選択します。
  5. 有効にする vCAC ワークフロー スタブ のドロップダウン メニューからスタブを 1 つ選択することで、ワークフローを実行するライフサイクル ステージを選択します。
  6. IaaS ホストを選択します。
  7. 次へ をクリックします。
  8. ワークフローを割り当てるブループリントを選択します。
  9. このブルー プリントを使用してプロビジョニングされた既存のマシンに、これらのワークフローを適用するかどうかを選択します。
  10. マシンのライフサイクルで実行するワークフローを選択します。
  11. どのワークフローの入力値をカスタム プロパティとしてマシンに追加するかを設定します。
    1. vCO ワークフローの入力値をブループリントのプロパティとして追加します。
    2. 最後の vCO ワークフローの実行入力値をブループリントのプロパティとして追加します。
  12. 送信 をクリックします。