操作定義ファイルに基づいてマシン上で実行できるカスタム操作または操作のセットを作成します。

概要

CloudUtil.exe Operation-Create -c|--operationConfig <Operation Definition File> [--repository <Model Manager Root URI>] [-v|--verbose]

Operation-Create の引数

引数

説明

-c | - -operationConfig

操作定義ファイル (XML) のパスです。

- -repository

(オプション)Model Manager のルート URI(http://hostname/repository など)。デフォルトは、CloudUtil 構成ファイル内の「appSettings」セクションの repositoryAddress キーで指定されます。

-v | - -verbose

(オプション)エラーが発生する場合、例外メッセージだけではなくスタック トレースも出力します。