選択した vRealize Orchestrator ワークフローは、サブスクリプション条件が true として評価されると実行されます。

実行するワークフローは vRealize Orchestrator に既に存在しており、管理 > vRO 構成 > サーバ構成 で指定されている必要があります。

ワークフロー サブスクリプション用のワークフローを選択するには、管理 > イベント > サブスクリプション の順に選択します。新規 をクリックします。

表 1. [ワークフロー] タブのオプション

オプション

説明

ワークフローの選択

ワークフローに移動します。

選択されたワークフロー

入力パラメータや出力パラメータを含む、ワークフローに関する情報を表示します。この情報を使用して、これが目的のワークフローであることを確認できます。