テナント管理者は、仮想マシンのプロビジョニング後、サービス カタログ ユーザーが新しいマシンを申請することなく、スナップショットを使用して仮想マシンを初期状態に戻せるように設定できます。