vRealize Orchestrator で 1 つのワークフローを使用して、カスタム ロジックを IaaS ワークフロー スタブに挿入し、カスタマイズされたライフサイクルをマシン ブループリントに割り当てます。

注:

ワークフロー スタブは、イベント ブローカ ワークフロー サブスクリプションに置き換えられます。ワークフロー スタブは現在ではまだ提供されサポートされており、使用することも可能ですが、今後の vRealize Automation のバージョンでは削除される予定です。将来的な製品の互換性を確保するためには、ワークフロー サブスクリプションを使用して状態変更に基づくカスタム ワークフローを実行する必要があります。vRealize Automation を拡張するためのワークフロー サブスクリプションの設定を参照してください。

カスタムの vRealize Orchestrator ワークフローは、文字列の入力を受け入れるように設計する必要があります。カスタム ワークフローで複合データ タイプが求められる場合は、この複合値を検索して文字列に変換するラッパー ワークフローを作成します。ラッピング ワークフローの例については、ライブラリ > vRealize Automation > インフラストラクチャ > 拡張性 で提供されるサンプル ワークフロー テンプレートを参照してください。