カスタム vRealize Orchestrator ワークフローを作成してから、vRealize Orchestrator を使用してカスタム ワークフローを固有のブループリントからビルドされたマシンのライフサイクルに挿入することで、IaaS マシン ライフサイクルの事前に設定されたステージにカスタム ロジックを挿入できます。