ワークフロー サブスクリプションおよびイベント ブローカ サービスを扱っていると、サブスクリプションおよびイベント ブローカ サービスに固有のいくつかの用語に出会うことがあります。

表 1. ワークフロー サブスクリプションおよびイベント ブローカの用語集

用語

説明

イベント トピック

同じ論理的な意図と構造を持つ一連のイベントを表します。各イベントは、イベント トピックの 1 つのインスタンスです。

イベント

プロデューサまたはプロデューサによって管理されるエンティティのいずれかで、状態が変更されたことを示します。このイベントは、イベントの発生に関する情報を記録するエンティティです。

メッセージ

さまざまなサービスおよびコンポーネント間のイベントに関する情報を伝達します。たとえば、プロデューサからイベント ブローカ サービスに、またはイベント ブローカ サービスからサブスクライバに情報を伝えます。

イベント ブローカ サービス

プロデューサが公開したメッセージを、登録した利用者に送るサービスです。

ペイロード

イベント データを表します。

サブスクリプション

イベントに関する通知を受け取る意思があるサブスクライバが、イベント トピックに登録し、通知をトリガする基準を定義します。

サブスクライバ

サブスクリプションの定義に基づいて、イベント ブローカ サービスに公開されたイベントを利用します。サブスクライバは、利用者とも呼ばれます。

プロバイダ

イベント トピックをイベント ブローカ サービスに登録します。

プロデューサ

イベント ブローカ サービスにイベントを公開します。

システム管理者

API または vRealize Automation プラグインを使用して、テナント ワークフロー サブスクリプションとシステム ワークフロー サブスクリプションの作成、読み取り、更新、および削除を行うための権限を持ったユーザーです。vRealize Automation にはシステム管理者用のユーザー インターフェイスはありません。

テナント管理者

自分のテナントのテナント ワークフロー サブスクリプションの作成、読み取り、更新、および削除を行うための権限を持ったユーザーです。

ワークフロー サブスクリプション

vRealize Orchestrator ワークフローをトリガするイベント トピックと条件を指定します。

システム ワークフロー サブスクリプション

システム イベントと全テナントのイベントに対処する特別なワークフロー サブスクリプションです。

テナント ワークフロー サブスクリプション

同じテナント内のイベント用に vRealize Orchestrator ワークフローをトリガする条件を指定する、特別なワークフロー サブスクリプションです。