メニュー操作ワークフローのカスタマイズ後、ユーザーが vRealize Automation コンソールで使用できるようにするには、追加の設定が必要です。