vRealize Automation Designer を使用して状態変更ワークフロー スタブを直接編集し、必要に応じてカスタム vRealize Orchestrator ワークフローに呼び出すことで、IaaS マシン ライフサイクルの事前に設定されたステージにカスタム ロジックを挿入できます。

注:

ワークフロー スタブは、イベント ブローカ ワークフロー サブスクリプションに置き換えられます。ワークフロー スタブは現在ではまだ提供されサポートされており、使用することも可能ですが、今後の vRealize Automation のバージョンでは削除される予定です。将来的な製品の互換性を確保するためには、ワークフロー サブスクリプションを使用して状態変更に基づくカスタム ワークフローを実行する必要があります。vRealize Automation を拡張するためのワークフロー サブスクリプションの設定を参照してください。