指定オブジェクトの状態を、DataServiceContext 内で削除済みに変更します。

表 1. DeleteObject アクティビティの入力パラメータ

引数

タイプ

説明

DataServiceContext

RepositoryServiceContext

リソースの削除元となる DataServiceContext

Instance

Object

削除済みの状態に変更される、追跡対象エンティティ。