CloudUtil コマンドライン ユーティリティを使用して Model Manager に操作をインストールします。

手順

  1. 管理者権限のコマンド プロンプトを開きます。
  2. CloudUtil.exe コマンドを次の引数を使用して実行します。
    • CloudUtil.exe Operation-Create -c <path to operation definition file>
    • 必要に応じて、Model Manager ホストを指定して、エラーが発生した場合にスタック トレースを申請することができます。

      CloudUtil.exe Operation-Create -c <path to operation definition file>
      --repository <Model Manager Root URI> -v

次のタスク

メニュー操作をサービス カタログで使用する場合は、ユーザーに対して資格を付与できるように、サービス カタログに登録する必要があります。サービス カタログを使用して新しいメニュー操作を登録する