特定の vRealize Orchestrator ワークフローを実行する事前承認または事後承認のワークフロー サブスクリプションを設定しましたが、承認されているにも関わらず申請が却下されます。

手順

  1. vRealize Orchestrator でワークフローを確認します。
    1. 管理者権限を使用して vRealize Orchestrator にログインします。
    2. ワークフローがエラーなく実行されたことを確認します。
    3. approval および fieldValues パラメータに、期待される値が返されたことを確認します。
  2. vRealize Automation で申請を確認します。
    1. 却下された項目を申請したユーザーとして vRealize Automation にログインします。
    2. 申請 タブをクリックします。
    3. 却下された申請を開きます。
    4. 承認ステータス をクリックし、[申請理由] 列で詳細を確認します。

      エラーが発生した場合は、エラーに関する情報が [申請理由] のデータとして表示されます。