Model Manager の以前にインポートされたファイルを新しいリビジョンで更新します。

概要

CloudUtil.exe File-Update -n|--name <Name> -f|--filename <File Name> [-i|--iteration <Iteration>] [--repository <Model Manager Root URI>] [-v|--verbose]

File-Update の引数

引数

説明

-f | - -filename

更新されたファイルのパスです。

-i | - -iteration

(オプション) Model Manager のファイルのバージョン文字列です。デフォルトは 0.0 です。

-n | - -name

Model Manager のファイルのわかりやすい名前です。

- -repository

(オプション)Model Manager のルート URI(http://hostname/repository など)。デフォルトは、CloudUtil 構成ファイル内の「appSettings」セクションの repositoryAddress キーで指定されます。

-v | - -verbose

(オプション)エラーが発生する場合、例外メッセージだけではなくスタック トレースも出力します。