操作構成ファイルは、メニュー操作ワークフローで必要になります。このファイルを使用して、vRealize Automation コンソールのカスタム メニュー オプションの項目を指定します。これには、表示テキスト、オプションへのアクセス権をどのロールに持たせるか、オプションが使用可能になるマシン状態などの設定があります。

このタスクについて

手順

  1. XML ファイルを新規作成します。
    <?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
  2. ルート要素 customOperations を作成します。
    <customOperations xmlns="http://www.dynamicops.com/schemas/2009/OperationConfig/">
    </customOperations>

    この要素は、XML 名前空間 http://www.dynamicops.com/schemas/2009/OperationConfig/ を指定する必要があります。

  3. 定義する操作それぞれについて、customOperations 内に operation 要素を追加します。
    <operation name="WFMachineMenu1" displayName="Execute Machine Menu task">
    </operation>

    operation 要素に指定できる属性は、次のとおりです。

    属性

    説明

    name

    この操作が実行するワークフローの名前。

    displayName

    マシン メニューのオプションに使用する説明ラベル。

  4. メニューの捜査権限を付与するロールを指定します。
    1. authorizedTasks 要素を追加します。
      <operation name="WFMachineMenu1" displayName="Execute Machine Menu task">
        <authorizedTasks>
        </authorizedTasks>
      </operation>
    2. 操作権限を付与するそれぞれのロールに、次のように task 要素を追加します。
      <authorizedTasks>
        <task>VRM User Custom Event</task>
        <task>VRM Support Custom Event</task>  
        <task>Group Administrator Custom Event</task>
        <task>Enterprise Administrator Custom Event</task>
        <task>VRM Administrator Custom Event</task>
      </authorizedTasks>

      task 要素の有効なコンテンツは次のとおりです。

      要素のコンテンツ

      説明

      VRM User Custom Event

      すべてのユーザーに操作権限を付与します。

      VRM Support Custom Event

      サポート ユーザーに操作権限を付与します。

      Group Administrator Custom Event

      ビジネス グループ マネージャに操作権限を付与します。

      Enterprise Administrator Custom Event

      ファブリック管理者に操作権限を付与します。

      VRM Administrator Custom Event

      IaaS 管理者にのみ操作権限を付与します。

  5. (オプション) : 操作を可能とするマシンの状態を指定します。
    1. machineStates 要素を追加します。
      <operation name="WFMachineMenu1" displayName="Execute Machine Menu task">
        <machineStates>
        </machineStates>
      </operation>
    2. 操作を可能とする状態のそれぞれに state 要素を追加します。
      <machineStates>
        <state>On</state>
        <state>Off</state>
      </machineStates>

      値には、任意のマシン状態を指定できます。マシン状態の完全なリストについては、『仮想プラットフォームの IaaS 構成』、『物理マシンの IaaS 構成』、または『IaaS Configuration for Cloud Platforms』を参照してください。

    要素を省略すると、すべてのマシン状態で操作が可能となります。

次は、完全な操作構成ファイルの一例です。

<?xml version="1.0" encoding="utf-8" ?>
<customOperations xmlns="http://www.dynamicops.com/schemas/2009/OperationConfig/">
  <operation name="WFMachineMenu1" displayName="Execute Machine Menu task">
    <authorizedTasks>
      <task>VRM User Custom Event</task>
      <task>VRM Support Custom Event</task>
      <task>Group Administrator Custom Event</task>
      <task>Enterprise Administrator Custom Event</task>
      <task>VRM Administrator Custom Event</task>
    </authorizedTasks>
    <machineStates>
      <state>On</state>
      <state>Off</state>
    </machineStates>
  </operation>
</customOperations>