Model Manager にロードされているモデルのコンテキストを作成します。

vRealize Automation Designer でワークフローにこのアクティビティを追加する際に、RepositoryServiceContext クラスから継承するクラスを選択する必要があります。

表 1. CreateRepositoryServiceContext<T> アクティビティの入力パラメータ

引数

タイプ

説明

Uri

URI

(オプション)モデルへの接続に使用するルート URI。

Username

文字列

(オプション)コンテキストへの接続に使用するユーザー名。

表 2. CreateRepositoryServiceContext<T> アクティビティの出力パラメータ

引数

タイプ

説明

Result

RepositoryServiceContext

ワークフローにアクティビティが追加されたときに選択されたクラスのインスタンスが、特定のタイプとして返されます。