セキュリティのベスト プラクティスとして、すべての vRealize Automation アプライアンスとコンポーネントで VMware ガイドラインに従ってポートおよびプロトコルを構成します。

重要なシステム コンポーネントが本番環境で動作する必要がある場合、vRealize Automation コンポーネントの入力ポートと出力ポートを構成します。不要なポートおよびプロトコルをすべて無効にします。『vRealize Automation 6x リファレンス アーキテクチャ ガイド』を参照してください。