セキュリティのベスト プラクティスとして、潜在的な攻撃者が使用可能な情報を制限するように vRealize Automation システムを構成します。

可能な範囲で、システムで共有する ID やバージョンに関する情報量を最小限にします。ハッカーや悪意のある攻撃者は、この情報を使用して Web サーバまたはバージョンを標的にした攻撃を作成することができます。