セキュア シェル (SSH) は、トラブルシューティング目的のときにのみ、vRealize Automation アプライアンスで有効にします。通常の本番運用中、次のコンポーネントでは SSH を無効にします。

このタスクについて

仮想アプライアンス管理コンソールを使用して、vRealize Automation アプライアンスの SSH を有効または無効にできます。

手順

  1. vRealize Automation アプライアンスの仮想アプライアンス管理コンソール (VAMI) に移動します。

    https://vRealizeAppliance url: 5480

  2. 管理者 タブをクリックします。
  3. 管理者 サブメニューをクリックします。
  4. SSH サービスの有効化 チェック ボックスを選択して SSH を有効にするか、または選択解除して無効にします。
  5. 設定の保存 をクリックして、変更を保存します。