使用可能な暗号のリストに照らし合わせて、vRealize Automation アプライアンス vCO サービスの暗号を確認し、強度が弱いとみなされるものすべてを無効にします。

このタスクについて

NULL 暗号スイート、aNULL、または eNULL などの認証を提供しない暗号スイートを無効にします。この他に、匿名の Diffie-Hellman キー交換 (ADH)、エクスポート レベルの暗号(EXP、DES を含んでいる暗号)、ペイロード トラフィックの暗号化に対する 128 ビットより小さいサイズのキー、ペイロード トラフィックのハッシュ メカニズムとしての MD5 の使用、IDEA 暗号スイート、および RC4 暗号スイートも無効にします。

手順

  1. /etc/vco/app/server/server.xml ファイル内で <Connector> タグを見つけます。
  2. 目的の暗号スイートを使用するように、暗号の属性を編集または追加します。

    次の例を参照してください。

    ciphers="TLS_ECDHE_ECDSA_WITH_AES_128_GCM_SHA256,TLS_ECDHE_RSA_WITH_AES_128_GCM_SHA256,TLS_ECDHE_ECDSA_WITH_AES_128_CBC_SHA256,TLS_ECDHE_RSA_WITH_AES_128_CBC_SHA256,TLS_ECDHE_ECDSA_WITH_AES_256_GCM_SHA384,TLS_ECDHE_RSA_WITH_AES_256_GCM_SHA384,TLS_ECDHE_ECDSA_WITH_AES_256_CBC_SHA384,TLS_ECDHE_RSA_WITH_AES_256_CBC_SHA384”