ローカル trust 認証が vRealize Automation アプライアンス PostgreSQL データベースで構成されていないことを確認します。この構成では、データベース スーパー ユーザーを含むすべてのローカル ユーザーが、任意の PostgreSQL ユーザーとしてパスワードなしで接続することが可能となります。

注:

Postgre のスーパー ユーザー アカウントは、ローカル trust のままにする必要があります。

暗号化されたパスワードが送信されるため、md5 認証方法をお勧めします。

クライアント認証構成設定は、/storage/db/pgdata/pg_hba.conf ファイル内に存在します。

# TYPE  DATABASE        USER               ADDRESS          METHOD

# "local" is for Unix domain socket connections only
local      all              postgres                            trust
# IPv4 local connections:
#host    all              all                127.0.0.1/32     md5
hostssl    all              all                127.0.0.1/32     md5
# IPv6 local connections:
#host    all              all                ::1/128          md5
hostssl    all              all                ::1/128          md5

# Allow remote connections for VCAC user.
#host    vcac             vcac               0.0.0.0/0        md5
hostssl    vcac             vcac               0.0.0.0/0        md5
hostssl    vcac             vcac               ::0/0        md5
# Allow remote connections for VCAC replication user.
#host    vcac             vcac_replication   0.0.0.0/0        md5
hostssl    vcac          vcac_replication   0.0.0.0/0        md5
hostssl    vcac          vcac_replication   ::0/0        md5
# Allow replication connections by a user with the replication privilege.
#host    replication      vcac_replication   0.0.0.0/0        md5
hostssl    replication      vcac_replication   0.0.0.0/0        md5
hostssl    replication      vcac_replication   ::0/0        md5

pg_hba.conf ファイルを編集する場合、変更を有効にするには、次のコマンドを実行して Postgre サーバを再起動する必要があります。

# cd /opt/vmware/vpostgres/9.2/bin
# su postgres 
# ./pg_ctl restart –D /storage/db/pgdata/ -m fast