VMware は、vRealize Automation システムのセキュアなベースラインを検証および構成できる包括的な推奨事項を提供します。

VMware が指定した適切なツールおよび手順を使用して、vRealize Automation システムを検証し、セキュリティ強化されたセキュアなベースライン構成を維持します。一部の vRealize Automation コンポーネントのセキュリティはすべて強化された状態または一部強化された状態でインストールされますが、VMware のセキュリティ推奨事項、自社のセキュリティ ポリシー、および既知の脅威を考慮して、各コンポーネントの構成を確認および検証する必要があります。

vRealize Automation のセキュリティ状態

vRealize Automation のセキュリティ状態は、システムとネットワークの構成、組織のセキュリティ ポリシー、およびセキュリティのベスト プラクティスに基づいた包括的にセキュアな環境を想定しています。

vRealize Automation システムのセキュリティ強化を検証および構成する場合、VMware のセキュリティ強化に関する推奨事項に記載されている次の領域について考慮します。

  • 安全な展開

  • セキュアな構成

  • ネットワーク セキュリティ

使用するシステムがセキュリティ強化されていることを確認するには、VMware の推奨事項と各地域のセキュリティ ポリシーがそれぞれの概念的な領域に関連していることについて考慮します。

システム コンポーネント

vRealize Automation システムのセキュリティ強化と安全な構成を考慮する場合、すべてのコンポーネントと、システムの機能をサポートするその仕組みを理解します。

安全なシステムを計画および実装する場合、次のコンポーネントを考慮します。

  • vRealize Automation アプライアンス

  • IaaS コンポーネント

vRealize Automation とコンポーネントの動作を理解するには、VMware vRealize Automation ドキュメント センターで『基盤と概念』を参照してください。vRealize Automation の標準展開とアーキテクチャの詳細については、リファレンス アーキテクチャを参照してください。