セキュリティのベスト プラクティスとして、ユーザーには VMware アプライアンス ホスト マシンでジョブを実行するために必要なシステム権限のみを許可します。

このタスクについて

ネットワーク インターフェイスを操作する権限をユーザー アカウントに許可すると、ネットワーク セキュリティ メカニズムをバイパスしたり、サービス拒否が発生したりすることがあります。許可されたユーザーだけがネットワーク インターフェイス設定を変更できるようにします。

手順

  1. VMware アプライアンス ホスト マシンで、次のコマンドを実行します。

    # grep -i '^USERCONTROL=' /etc/sysconfig/network/ifcfg*

  2. 各インターフェイスが NO に設定されていることを確認します。