vRealize Automation のリモート コンソールの構成をカスタマイズして、トラブルシューティングや組織の活動を促進できます。

vRealize Automation をインストール、構成、または保守する際に、いくつかの設定を変更してトラブルシューティングやデバッグを行えます。加えた変更を記録して監査し、該当するコンポーネントが用途に従って確実にセキュリティで保護されるようにします。設定の変更が正しくセキュリティで保護されているかどうかわからない場合は、本番環境には適用しないでください。