vRealize Automation アプライアンス コンポーネントの転送チャネルをセキュリティ保護するために、vRealize Automation デプロイで強力な TLS プロトコルを使用していることを確認します。

パフォーマンスに関する考慮事項のために、一部のアプリケーション サービス間のローカルホスト接続に対して TLS は有効になっていません。多層防御が必要な場合は、すべてのローカルホスト通信で TLS を有効にします。

重要:

ロード バランサの TLS を終了する場合は、すべてのロード バランサで SSLv2、SSLv3、および TLS 1.0 などのセキュアでないプロトコルを無効にします。