vRealize Automation には、BMC BladeLogic Configuration Manager と連携するために必要なカスタム プロパティがあります。

表 1. BMC BladeLogic Configuration Manager 統合に必要なカスタム プロパティ

カスタム プロパティ

説明

VirtualMachine.EPI.Type

外部プロビジョニング インフラストラクチャのタイプを指定します。

VirtualMachine.Admin.Owner

マシン所有者のユーザー名を指定します。

BMC.Software.Install

BMC BladeLogic Configuration Manager 統合を有効にするには、True に設定します。

EPI.Server.Name

外部プロビジョニング インフラストラクチャ サーバの名前(BMC BladeLogic をホストしているサーバの名前など)を指定します。BMC BladeLogic Configuration Manager ホストが指定されることなく 1 つ以上の汎用 BMC EPI エージェントがインストールされた場合、この値は必要なサーバに申請を送ります。

特定の BMC BladeLogic Configuration Manager ホスト専用である BMC EPI エージェントだけがインストールされた場合、この値はそれらのエージェントの 1 つに構成されたサーバ名と完全に一致する必要があります。

BMC.Service.Profile

BMC BladeLogic サーバでデフォルト認証プロファイル名を指定します。

BMC.Software.BatchLocation

ソフトウェア ジョブが展開される場所を BMC BladeLogic 構成で指定します。 この値は、Vrm.Software.IdNNNN の適切な値と一致する必要があります。たとえば、有効な値には /Application Deployment があります。

VMware.VirtualCenter.OperatingSystem

vCenter Server がマシンの作成時に使用する vCenter Server ゲスト OS のバージョン (VirtualMachineGuestOsIdentifier) を指定します。このオペレーティング システムのバージョンは、プロビジョニングされたマシンにインストールされるオペレーティング システムのバージョンと一致する必要があります。管理者は、いずれかのプロパティ セット(正しい VMware.VirtualCenter.OperatingSystem 値が含まれるように事前定義された VMware[OS_Version]Properties など)を使用してプロパティ グループを作成できます。 これは、仮想プロビジョニング用のプロパティです。

関連情報については、vSphere API/SDK ドキュメントにある列挙タイプ VirtualMachineGuestOsIdentifier を参照してください。 現在使用できる値のリストについては、vCenter Server のドキュメントを参照してください。

BMC BladeLogic Configuration Manager のソフトウェア ジョブを有効にするカスタム プロパティ

vRealize Automation と連携するために、BMC BladeLogic Configuration Manager のジョブを構成します。 マシン申請者がすべてのソフトウェア ジョブの中から選択できるようにするか、ブループリントに基づいてプロビジョニングされたすべてのマシンに適用するソフトウェア ジョブを指定します。

表 2. ソフトウェア ジョブを有効にするカスタム プロパティ

カスタム プロパティ

説明

LoadSoftware

ソフトウェア インストール オプションを有効にするには、True に設定します。

Vrm.Software.IdNNNN

ブループリントからプロビジョニングされたすべてのマシンに適用されるソフトウェア ジョブまたはポリシーを指定します。値を job_type=job_path に設定します。ここで、job_type は BMC BladeLogic ジョブ タイプを表す数字で、job_path は BMC BladeLogic のジョブの場所です。たとえば、4=/Utility/putty のようになります。NNNN は、1000 ~ 1999 の数値です。最初のプロパティは 1000 から始まり、番号順に各追加プロパティの値が 1 つずつ増えていきます。

1 — AuditJob
2 — BatchJob
3 — ComplianceJob
4 — DeployJob
5 — FileDeployJob
6 — NSHScriptJob
7 — PatchAnalysisJob
8 — SnapshotJob

BMC BladeLogic Configuration Manager との連携用のオプションのカスタム プロパティ

BMC BladeLogic Configuration Manager のブループリントでよく使用されるオプションのカスタム プロパティを使用することもできます。

表 3. BMC BladeLogic Configuration Manager との連携用のオプションのカスタム プロパティ

プロパティ

定義

BMC.AddServer.Delay

BMC BladeLogic Configuration Manager にマシンを追加までの待機時間(秒単位)を指定します。デフォルトは 30 です。

BMC.AddServer.Retry

BMC BladeLogic Configuration Manager へのマシンの最初の追加で失敗した場合、再試行するまでの待機時間(秒単位)を指定します。デフォルトは 100 です。