ブループリントからプロビジョニングされたマシンで BMC BladeLogic Configuration Manager ソフトウェア ジョブを展開するためのブループリントを作成するには、テナント管理者またはビジネス グループ マネージャが、BMC BladeLogic カスタム プロパティを含むプロビジョニング用のブループリントをクローン作成する必要があります。

始める前に

  • テナント管理者またはビジネス グループ マネージャとして vRealize Automation コンソールにログインします。

  • ファブリック管理者によって提供されたテンプレートとカスタム仕様 を使用して、クローン作成用のブループリントを作成します。『仮想プラットフォームの IaaS 構成』を参照してください。

    注:

    ファブリック管理者は、プロパティ セット BMCSoftWareProperties を使用してビルド プロファイルを作成できます。これにより、テナント管理者およびビジネス グループ マネージャは、ブループリントにこの情報を正しくかつ容易に含めることができます。

  • 必須および共通のすべての BMC BladeLogic カスタム プロパティのリストについては、BMC BladeLogic Configuration Manager との連携用のカスタム プロパティを参照してください。

このタスクについて

  • ファブリック管理者から次の情報を入手します。

    • BMC BladeLogic をホストするサーバ名。

    • BMC BladeLogic サーバ上のデフォルト認証プロファイル名。

    • 展開するソフトウェア ジョブの BMC BladeLogic の場所。これは、Vrm.Software.IdNNNN の適切な値と一致している必要があります。

手順

  1. 設計 > ブループリント を選択します。
  2. BMC BladeLogic と統合するクローン ブループリントを特定します。
  3. [アクション] 列で下矢印をクリックし、編集 をクリックします。
  4. プロパティ タブをクリックします。
  5. (オプション) : 1 つ以上のプロパティ グループを選択します。

    プロパティ グループには複数のカスタム プロパティが含まれています。

  6. (オプション) : マシン コンポーネントにすべてのカスタム プロパティを追加します。
    1. 新規プロパティ をクリックします。
    2. 名前 テキスト ボックスにカスタム プロパティを入力します。
    3. (オプション) : 暗号化済み チェック ボックスを選択し、データベース内のカスタム プロパティを暗号化します。
    4. テキスト ボックスにカスタム プロパティの値を入力します。
    5. (オプション) : マシンの申請時に値を指定するようユーザーに求める場合は、プロンプト表示 チェック ボックスを選択します。

      ユーザーに値の入力を求めるプロンプトを表示するよう選択した場合、カスタム プロパティに設定したすべての値が、デフォルトでユーザーに表示されます。 デフォルト値が設定されていない場合、ユーザーは、カスタム プロパティの値を入力するまで、マシン申請を続行できません。

    6. 保存 アイコン(保存アイコン)をクリックします。
  7. OK をクリックします。

タスクの結果

ブループリントが保存されました。

次のタスク

ブループリントをカタログ アイテムとして使用できるようにするには、ブループリントを公開します。ブループリントの公開を参照してください。