システム管理者は、HP Server Automation との通信を管理するために 1 つ以上の vRealize Automation EPI エージェントをインストールする必要があります。エージェントは、vRealize Automation サーバまたは HP Server Automation サーバを含む任意の場所にインストールできますが、両サーバと通信できる必要があります。

始める前に

  • HP Server Automation PowerShell スナップインが EPI エージェントと同一のホストにインストールされていることを確認します。EPI エージェントがスナップインより前にインストールされる場合、スナップインのインストール後にエージェント サービスを再開する必要があります。HP Server Automation PowerShell スナップインのインストールを参照してください。

  • エージェントは、Windows Server 2008 SP1、Windows Server 2008 SP2(32 または 64 ビット)、Windows Server 2008 R2 システム、または .NET 4.5 を含む Windows 2012 にインストールする必要があります。

  • エージェントの認証情報には、エージェントが通信するすべての HP Server Automation ホストへの管理アクセスが含まれている必要があります。

  • Manager Service および Web サイトを含む IaaS コンポーネントがインストールされています。

  • vRealize Automation エージェントのインストールに関する詳細については、『vRealize Automation 7.0 のインストール』を参照してください。

  • システム管理者 として vRealize Automation コンソールにログインします。

このタスクについて

手順

  1. [インストール タイプ] ページで カスタム インストールプロキシ エージェント を選択します。
  2. ルートのインストール場所を受け入れるか、Change(変更) をクリックしてインストール パスを選択します。
  3. 次へ をクリックします。
  4. インストール マシンの Windows サービスの管理者権限でログインします。

    サービスは、同じインストール マシンで実行する必要があります。

  5. 次へ をクリックします。
  6. エージェント タイプ リストから EPIPowerShell を選択します。
  7. エージェント名 テキスト ボックスに、このエージェントの識別子を入力します。

    各エージェントのエージェント名、認証情報、エンドポイント名、およびプラットフォーム インスタンスの情報を記録しておきます。 この情報は、エンドポイントを構成し、後ほどホストを追加するために必要です。

    重要:

    高可用性を実現するために同一構成の冗長エージェントをインストールしているのでない限り、エージェント名を重複させないでください。

    オプション

    説明

    冗長エージェント インストール

    異なるサーバに冗長エージェントをインストールしますが、名前と構成を同一にして高可用性を実現します。

    単一エージェント インストール

    このエージェントに固有の名前を選択します。

  8. Manager Service コンポーネントへの接続を構成します。

    オプション

    説明

    ロード バランサーを使用している場合

    Manager Service コンポーネントのロード バランサーの完全修飾ドメイン名とポート番号を入力します。 たとえば、manager-load-balancer.eng.mycompany.com:443 と入力します。 IP アドレスは認識されません。

    ロード バランサーがない場合

    Manager Service コンポーネントをインストールしたマシンの完全修飾ドメイン名とポート番号を入力します。 たとえば、manager_service.mycompany.com:443 と入力します。 IP アドレスは認識されません。

    デフォルト ポートは 443 です。

  9. Manager Web サイト コンポーネントへの接続を構成します。

    オプション

    説明

    ロード バランサーを使用している場合

    Manager Web サイト コンポーネントのロード バランサーの完全修飾ドメイン名とポート番号を入力します。 たとえば、website-load-balancer.eng.mycompany.com:443 と入力します。 IP アドレスは認識されません。

    ロード バランサーがない場合

    Manager Web サイト コンポーネントをインストールしたマシンの完全修飾ドメイン名とポート番号を入力します。 たとえば、website_component.mycompany.com:443 と入力します。 IP アドレスは認識されません。

    デフォルト ポートは 443 です。

  10. テスト をクリックし、各ホストへの接続を確認します。
  11. EPI タイプOpsware をクリックします。
  12. EPI サーバ テキスト ボックスに、この管理対象サーバの完全修飾ドメイン名を入力します。

    オプションとして、これを空白のままにすると、エージェントが複数のホストと通信できるようになります。

    HP Server Automation を使用してマシンをプロビジョニングするときにエージェントが通信する HP Server Automation サーバは、ブループリントの必須のカスタム プロパティ EPI.Server.Name の値で決まります。

    このため、インストール時に HP Server Automation サーバ名を指定して専用の EPI エージェントをインストールする場合、エージェント用に構成されたサーバ名と完全一致する EPI.Server.Name プロパティを持つマシンのみが、該当のサーバによってプロビジョニングされます。

    インストール時に HP Server Automation サーバ名を指定しないで汎用 EPI エージェントをインストールする場合、ブループリントの EPI.Server.Name プロパティで指定された任意のサーバによってマシンがプロビジョニングされます。(エージェントがそのサーバと通信できることが前提です)。

    注:

    一致するエージェントが見つからない場合、またはサーバ値が指定されていないエージェントがない場合、Opsware プロビジョニングは適切なエージェントが見つかるまで待機することになります。

  13. 追加 をクリックします。
  14. 次へ をクリックします。
  15. インストール をクリックして、インストールを開始します。

    数分後、正常に処理が行われたことを伝えるメッセージが表示されます。

  16. 次へ をクリックします。
  17. 終了 をクリックします。

次のタスク

使用する統合方法のタイプを決定します。HP Server Automation との連携を参照してください。