システム管理者は、完全な vRealize Automation を最小の構成で導入できます。最小インストールは、通常、開発環境でまたは POC(事前検証)で使用され、必要なインストールの手順は少なくなります。

最小インストール チェックリストでは、最小インストールの完了のために実行する必要のある、タスク シーケンスの概要を示しています。

このチェックリストのコピーを印刷し、インストールを完了するまでの作業の追跡に使用します。タスクは示された順序で行うようにしてください。

表 1. 最小インストールのチェックリスト

タスク

詳細

チェック ボックス

インストール環境を計画して準備し、すべてのインストール前提条件が満たされていることを確認します。

vRealize Automation のインストールの準備

チェック ボックス

vRealize Automation アプライアンス を設定します。

vRealize Automation アプライアンスの展開と構成

チェック ボックス

IaaS コンポーネントを単一の Windows サーバにインストールします。

IaaS コンポーネントのインストール

チェック ボックス

必要に応じて、追加のエージェントをインストールします。

vRealize Automation エージェントのインストール

チェック ボックス

デフォルト テナントの構成などインストール後のタスクを実行します。