コマンドにより、初期インストール後に実行が必要になることがある多くの vRealize Automation インストールおよび構成タスクにコンソールからアクセスできます。

使用可能なコマンドの例として、以下の機能があります。

  • 既存の環境に対する別の vRealize Automation アプライアンス の追加

  • vRealize Automation にアクセスする際にユーザーが Web ブラウザで参照するホスト名の設定

  • IaaS SQL Server データベースの作成

  • IaaS Windows サーバに対する前提条件チェッカーの実行

  • 証明書のインポート

使用可能なvRealize Automation コマンドの完全なリストを参照するには、vRealize Automation アプライアンス コンソールにログインし、次のコマンドを入力します。

vra-command help

コマンド名とパラメータの一覧は、別のドキュメントでは再現されていません。このリストを効果的に使用するには、関連するコマンドを特定し、次のコマンドを入力して対象範囲を絞り込みます。

vra-command help command-name