WMI エージェントを使用するには、管理された Windows サーバでリモート WMI 申請が有効にされている必要があります。

手順

  1. プロビジョニング済みの管理された Windows 仮想マシンを含む各ドメイン内に Active Directory グループを作成し、プロビジョニング済みのマシン上でリモート WMI 申請を実行する WMI エージェントのサービス認証情報をこのグループに追加します。
  2. プロビジョニング済みの各 Windows マシン上での、エージェント認証情報を含む Active Directory グループに対するリモート WMI 申請を有効にします。