コマンド ラインを使用して、vRealize Automation 管理エージェントを任意の IaaS Windows サーバにインストールできます。

始める前に

  • vRealize Automation アプライアンスを展開します。

  • IaaS Windows サーバを作成または識別し、その前提条件を構成します。

このタスクについて

管理エージェントのサイレント インストールは、いくつかの設定をカスタマイズした Windows PowerShell スクリプトから構成されます。すべての IaaS Windows サーバに管理エージェントをサイレント インストールするには、導入環境に固有の設定をスクリプトに追加した後、そのスクリプトのコピーを各サーバで実行します。

手順

  1. 管理者権限を備えたアカウントを使用して IaaS Windows サーバにログインします。
  2. Web ブラウザを開き、vRealize Automation アプライアンス インストーラ URL にアクセスします。

    https://vrealize-automation-appliance-FQDN:5480/installer

  3. InstallManagementAgent.ps1 PowerShell スクリプト ファイルのリンクを右クリックして、IaaS Windows サーバのデスクトップまたはフォルダに保存します。
  4. テキスト エディタで InstallManagementAgent.ps1 を開きます。
  5. スクリプト ファイルの先頭付近に、導入環境に固有の設定を追加します。
    • vRealize Automation アプライアンス の URL

      https://vrealize-automation-appliance-FQDN:5480

    • vRealize Automation アプライアンスの root ユーザー アカウントの認証情報

    • vRealize Automation サービスのユーザー認証情報(IaaS Windows サーバに対する管理者権限を備えたドメイン アカウント)

    • 管理エージェントをインストールするフォルダ(デフォルトでは、Program Files (x86)

    • 認証に使用する PEM 形式の証明書のサムプリント

  6. InstallManagementAgent.ps1 を保存して閉じます。
  7. 管理エージェントをサイレント インストールするために、InstallManagementAgent.ps1 をダブルクリックします。
  8. (オプション) : インストールが完了したことを確認するには、Windows の [プログラムと機能] の [コントロール パネル] リストと、稼動中の Windows サービスのリストで VMware vCloud Automation Center 管理エージェント を探します。