サム プリントを事前インストール済みの PFX ファイルとともに使用してユーザー認証をサポートしているユーザーは、Web ホスト、Manager Service、DEM Orchestrator およびワーカー ホスト マシンでサム プリントの信頼性を設定する必要があります。

始める前に

サム プリント認証で使用できる有効な web.pfx および ms.pfx

このタスクについて

PEM ファイルをインポートするか自己署名証明書を使用するユーザーは、この手順を無視してかまいません。

手順

  1. web.pfx および ms.pfx ファイルを Web コンポーネントおよび Manager Service ホスト マシン上の以下の場所にインポートします。
    • Host Computer/Certificates/Personal certificate store

    • Host Computer/Certificates/Trusted People certificate store

  2. web.pfx および ms.pfx ファイルを DEM Orchestrator およびワーカー ホスト マシン上の以下の場所にインポートします。

    Host Computer/Certificates/Trusted People certificate store

  3. 該当するホスト マシンのそれぞれで Microsoft 管理コンソール ウィンドウを開きます。
    注:

    管理コンソール内の実際のパスとオプションは、Windows のバージョンやシステム構成によって若干異なる場合があります。

    1. スナップインの追加と削除 を選択します。
    2. 証明書 を選択します。
    3. ローカル コンピュータ を選択します。
    4. 先ほどインポートした証明書ファイルを開き、サム プリントをコピーします。

次のタスク

Manager Service、Web コンポーネント、DEM コンポーネントについて、vRealize Automation ウィザードの証明書ページにサム プリントを挿入します。