vRealize Automation 6.0 以降の場合、以前のバージョンの電子メール テンプレート機能を使用してカスタマイズできるのは、IaaS コンポーネントによって生成された通知のみです。

タスクの結果

次の XSLT テンプレートを使用できます。

  • ArchivePeriodExpired

  • EpiRegister

  • EpiUnregister

  • LeaseAboutToExpire

  • LeaseExpired

  • LeaseExpiredPowerOff

  • ManagerLeaseAboutToExpire

  • ManagerLeaseExpired

  • ManagerReclamationExpiredLeaseModified

  • ManagerReclamationForcedLeaseModified

  • ReclamationExpiredLeaseModified

  • ReclamationForcedLeaseModified

  • VdiRegister

  • VdiUnregister

電子メール テンプレートは、サーバのインストール ディレクトリの \Templates ディレクトリ(通常は、%SystemDrive%\Program Files x86\VMware\vCAC\Server)にあります。 \Templates ディレクトリには XSLT テンプレートもありますが、すでにサポートされていないので変更できません。