vRealize Automation のサイレント CLI または API ベースのインストールの場合、完了したプロパティ応答ファイルを JSON に変換できます。その逆も可能です。サイレント CLI インストールにはプロパティ ファイルが必要で、API には JSON 形式が必要です。

始める前に

完了したプロパティ応答ファイルまたは完了した JSON ファイル

/usr/lib/vcac/tools/install/ha.properties

または

/usr/lib/vcac/tools/install/installationProperties.json

手順

  1. vRealize Automation アプライアンス コンソール セッションに root ユーザーとしてログインします。
  2. 適切なコンバータ スクリプトを実行します。
    • JSON からプロパティへの変換

      /usr/lib/vcac/tools/install/convert-properties --from-json installationProperties.json

      スクリプトによって新しいプロパティ ファイルが作成されます。ファイル名には次のようにタイムスタンプが含まれています。

      ha.2016-10-17_13.02.15.properties

    • プロパティから JSON への変換

      /usr/lib/vcac/tools/install/convert-properties --to-json ha.properties

      スクリプトによって新しい installationProperties.json ファイルが作成されます。ファイル名には次のようにタイムスタンプが含まれています。

      installationProperties.2016-10-17_13.36.13.json

タスクの結果

スクリプトのヘルプを表示することもできます。

/usr/lib/vcac/tools/install/convert-properties –-help