vRealize Automation アプライアンス管理インターフェイスは vRealize Automation コンポーネント サービスの登録問題の解決に役立ちます。

正常な運用では、vRealize Automation コンポーネント サービスはすべて一意で、[登録済み] 状態にある必要があります。それ以外の状態では vRealize Automation が予期せぬ動作をする場合があります。

vRealize Automation コンポーネント サービスで発生する可能性のある問題の例を次に示します。

  • サービスが無効になっている。

  • サーバ設定が原因でサービスが [登録済み] 以外の状態になった。

  • 別のサービスの依存関係が原因でサービスが [登録済み] 以外の状態になった。

  • 重複したサービスがある。

タスクの結果

問題のあるコンポーネント サービスを登録解除し、必要な場合は再登録します。

  1. vRealize Automation アプライアンス 管理インターフェイスにルートとしてログインします。

    https://vrealize-automation-appliance-FQDN:5480

  2. サービス をクリックします。

  3. サービス リストで、重複した、正しい状態にない、または他の問題があるサービスを選択します。

  4. 右上にある 登録解除 をクリックします。

  5. vRealize Automation でサービスを再登録するには、root ユーザーとして vRealize Automation アプライアンスのコンソール セッションにログインし、以下のコマンドを入力して vRealize Automation を再起動します。

    service vcac-server restart

    組み込み vRealize Orchestrator インスタンスと関連付けられたサービスがある場合は、以下のコマンドを入力します。

    service vco-restart restart

  6. 外部 vRealize Orchestrator インスタンスなどの外部システムと関連付けられたサービスを再登録するには、外部システムにログインしてそのサービスを再起動します。