DEM ワーカーおよび DEM Orchestrator を 1 つ以上インストールする必要があります。インストール手順はいずれのロールでも同じです。

このタスクについて

DEM Orchestrator はアクティブ - アクティブの高可用性をサポートしています。通常は、各 Manager Service マシンに 1 つの DEM Orchestrator をインストールします。 DEM Orchestrator と DEM ワーカーは同じマシンにインストールできます。

手順

  1. セットアップ ファイル setup__vrealize-automation-appliance-FQDN@5480.exe を右クリックして、管理者として実行 を選択します。
  2. 次へ をクリックします。
  3. 使用許諾契約に同意し、次へ をクリックします。
  4. ログイン ページで vRealize Automation アプライアンス の管理者認証情報を入力し、SSL 証明書を確認します。
    1. ユーザー名 (root) とパスワードを入力します。

      入力するパスワードは、vRealize Automation アプライアンス を展開したときに指定したパスワードです。

    2. 証明書の受け入れ を選択します。
    3. 証明書の表示 をクリックします。

      証明書のサムプリントを、vRealize Automation アプライアンス に設定されているサムプリントと比較します。管理コンソールにポート 5480 でアクセスしている場合は、クライアント ブラウザで vRealize Automation アプライアンス 証明書を表示できます。

  5. 次へ をクリックします。
  6. [インストール タイプ] ページで カスタム インストール を選択します。
  7. [インストール タイプ] ページの [コンポーネントの選択] で Distributed Execution Manager を選択します。
  8. ルートのインストール場所を受け入れるか、変更 をクリックしてインストール パスを選択します。

    分散型展開の場合でも、同じ Windows サーバに複数の IaaS コンポーネントをインストールする場合があります。

    複数の IaaS コンポーネントをインストールする場合は、常に同じパスにインストールしてください。

  9. 次へ をクリックします。
  10. 前提条件を確認し、次へ をクリックします。
  11. サービスを実行するときのログイン認証情報を入力します。

    サービス アカウントは、ローカル管理者特権を持ち、かつ IaaS のインストールで使用したドメイン アカウントである必要があります。サービス アカウントは、それぞれの分散型 IaaS サーバに対する特権を持ち、ローカル システム アカウントであってはいけません。

  12. 次へ をクリックします。
  13. DEM ロール ドロップダウン メニューからインストール タイプを選択します。

    オプション

    説明

    ワーカー

    ワーカーはワークフローを実行します。

    Orchestrator

    Orchestrator は、ワークフローのスケジューリングおよび前処理などの DEM ワーカーのアクティビティを監視し、DEM ワーカーのオンライン ステータスを監視します。

  14. DEM 名 テキスト ボックスにこの DEM を識別する一意の名前を入力します。

    移行ツールの使用を計画している場合、この名前は、vCloud Automation Center 5.2.3 のインストールで使用した名前と正確に一致する必要があります。 名前にはスペースは含められず、128 文字を超えてはなりません。以前に使用した名前を入力すると、次のメッセージが表示されます。「DEM 名はすでに存在します。 この DEM に別の名前を入力するには、[はい] をクリックしてください。 同じ名前の DEM をリストアまたは再インストールするには [いいえ] をクリックしてください。」

  15. (オプション) : DEM の説明 にこのインスタンスの説明を入力します。
  16. Manager Service のホスト名 および Model Manager Web サービスのホスト名 テキスト ボックスにホスト名とポートを入力します。

    オプション

    説明

    ロード バランサがある場合

    Manager Service コンポーネントおよび Model Manager をホストしている Web サーバのロード バランサの完全修飾ドメイン名とポート番号(mgr-svc-load-balancer.mycompany.com:443 および web-load-balancer.mycompany.com:443)を入力します。

    IP アドレスは入力しないでください。

    ロード バランサがない場合

    Manager Service コンポーネントをインストールしたマシンおよび Model Manager をホストしている Web サーバの完全修飾ドメイン名とポート番号(mgr-svc.mycompany.com:443 および web.mycompany.com:443)を入力します。

    IP アドレスは入力しないでください。

    デフォルト ポートは 443 です。

  17. (オプション) : テスト をクリックして、Manager Service および Model Manager Web サービスへの接続をテストします。
  18. 追加 をクリックします。
  19. 次へ をクリックします。
  20. インストール をクリックします。
  21. インストールが完了したら、初期構成へガイド を選択解除し、次へ をクリックします。
  22. 完了 をクリックします。

次のタスク

  • サービスが実行されており、ログにエラーが記録されていないことを検証します。 サービス名は、VMware DEM ロール - 名前 です。ロールは、Orchestrator またはワーカーになります。 ログの場所は、インストール場所 \Distributed Execution Manager\Name\Logs です。

  • この手順を繰り返して、追加の DEM インスタンスをインストールします。