Openstack インスタンスまたは PowerVC インスタンスに対して通信やデータ収集を行うには、DEM のインストール先のマシンが特定の要件を満たしている必要があります。

表 1. DEM ホストの要件

インストール

要件

すべて

Windows レジストリで、.NET Framework に対する TLS v1.2 サポートを有効にします。例:

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\.NETFramework\v4.0.30319]
"SchUseStrongCrypto"=dword:00000001

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\Microsoft\.NETFramework\v4.0.30319]
"SchUseStrongCrypto"=dword:00000001

Windows 2008 DEM ホスト

Windows レジストリで、TLS v1.2 プロトコルを有効にします。例:

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\SecurityProviders\SCHANNEL\Protocols\TLS 1.2]
[HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\SecurityProviders\SCHANNEL\Protocols\TLS 1.2\Client]
"DisabledByDefault"=dword:00000000
"Enabled"=dword:00000001

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\SecurityProviders\SCHANNEL\Protocols\TLS 1.2\Server]
"DisabledByDefault"=dword:00000000
"Enabled"=dword:00000001

インフラストラクチャ エンドポイント ホスト上の自己署名証明書

PowerVC インスタンスまたは Openstack インスタンスがトラステッド証明書を使用していない場合は、vRealize Automation DEM のインストール先となる各 IaaS Windows サーバ上のトラステッド ルート認証局ストアに PowerVC インスタンスまたは Openstack インスタンスの SSL 証明書をインポートします。