失敗した IaaS インストールを完全にアンインストールするには、システム管理者は、一部のファイルを手動で削除し、データベースを戻す必要があります。

手順

  1. 次のコンポーネントがある場合には、Windows アンインストーラでそれらをアンインストールします。
    • vRealize Automation サーバ

    • vRealize Automation WAPI

    注:

    次のメッセージが表示された場合、マシンを再起動してこの手順を実行します。「インストール ログ ファイルを開くときにエラーが発生しました。指定されたロゴ ファイルの場所が存在し、書き込み可能であることを確認してください」。

    注:

    Windows システムが元に戻された場合、または IaaS をアンインストールした場合は、vRealize Automation IaaS を再インストールする前に iisreset コマンドを実行する必要があります。

  2. データベースを、インストールが開始された前の状態に戻します。使用する方法は、元のデータベース インストール モードにより異なります。
  3. IIS (インターネット インフォメーション サービス マネージャ)で [既定の Web サイト] (またはカスタムのサイト)を選択し、バインド を選択します。https バインド(デフォルトは 443)を削除します。
  4. アプリケーション リポジトリ、vCAC、および WAPI が削除され、アプリケーション プールの RepositoryAppPool、vCACAppPool、WapiAppPool も削除されていることを確認します。

タスクの結果

表 1. 障害ポイントのロールバック

障害ポイント

アクション

Manager Service のインストール

存在する場合、vCloud Automation Center Server をアンインストールします。

DEM-Orchestrator のインストール

DEM Orchestrator が存在する場合は、アンインストールします。

DEM-ワーカーのインストール

DEM ワーカーが存在する場合は、すべてアンインストールします。

エージェントのインストール

vRealize Automation エージェントが存在する場合は、すべてアンインストールします。