最小インストールでは、必要な Distributed Execution Manager とデフォルトの vSphere プロキシ エージェントをインストールします。システム管理者は、インストール後にカスタム インストーラを使用して、追加のプロキシ エージェント(XenServer または Hyper-V など)をインストールできます。

手順

  1. Distributed Execution Manager とプロキシ vSphere エージェント ページで、デフォルト値を受け入れるか、必要に応じて名前を変更します。
  2. デフォルト値を受け入れて vSphere エージェントをインストールし、vSphere を使用したプロビジョニングを有効にするか、必要に応じて選択解除します。
    1. vSphere エージェントのインストールと構成 を選択します。
    2. デフォルトのエージェントおよびエンドポイントを受け入れるか、名前を入力します。

      エンドポイント名の値をメモします。vRealize Automation コンソールで vSphere エンドポイントを構成する際には、この情報を正確に入力する必要があります。そうしないと構成に失敗することがあります。

  3. 次へ をクリックします。