仮想アプライアンスの Encryption.key ファイルに不正な権限が割り当てられている場合には、システム エラーが発生する場合があります。

vRealize Automation アプライアンス にログインすると [テナント] ページが表示されます。このページのロードが開始された後に、「システム エラー」メッセージが表示されます。

Encryption.key ファイルに不正な権限があるか、グループまたは所有者ユーザー レベルが不正に割り当てられています。

始める前に

エラーを表示している仮想アプライアンスにログインします。

注:

複数の仮想アプライアンスがロード バランサーの下で実行している場合には、各仮想アプライアンスをチェックする必要があります。

手順

  1. ログ ファイル /var/log/vcac/catalina.out を表示してメッセージ「Cannot write to /etc/vcac/Encryption.key」を検索します。
  2. /etc/vcac/ ディレクトリに移動し、Encryption.key ファイルの権限と所有者を確認します。次のような行があるはずです。
    -rw------- 1 vcac vcac 48 Dec 4 06:48 encryption.key

    読み取りおよび書き込み権限が必要で、ファイルの所有者およびグループは vcac である必要があります。

  3. 出力が異なる場合、必要に応じてファイルの権限または所有者を変更します。

次のタスク

[テナント] ページにログインして、エラーなしでログインできることを確認します。