vRealize Automation アプライアンス の追加インスタンスの展開後、クラスタ化されたアプライアンスへアクセス可能であることを検証します。

手順

  1. ロード バランサ管理インターフェイスまたは構成ファイルで、テスト対象のノード以外のすべてのノードを一時的に無効化します。
  2. 次のロード バランサ アドレスによって vRealize Automation にログインできることを確認します。

    https://vrealize-automation-appliance-load-balancer-FQDN/vcac

  3. ロード バランサを介して新しい vRealize Automation アプライアンスにアクセスできることを確認した後、他のノードを再度有効にします。