IaaS のプロビジョニングに Red Hat Enterprise Virtualization を使用する場合、Windows サーバがそのアカウントと通信し、そのアカウントからデータを収集します。

環境が、次の Red Hat Enterprise の要件を満たしている必要があります。

  • 各 KVM (RHEV) 環境は、IaaS サーバを含むドメインに参加する必要があります。

  • KVM (RHEV) 環境を示すエンドポイントの管理に使用する認証情報には、RHEV 環境に対する管理者権限が必要です。これらの認証情報には、この環境内のホスト上にオブジェクトを作成するのに十分な権限も必要です。